カードローンの魅力

審査に通りやすいカードローンとは

カードローンとは、キャッシングを主なサービスとして展開している金融機関のことです。

無担保で利用できるのが特徴の1つです。保証人も不要なので、ひっそりと誰にも知られずにお金を借りることもできます。

申し込みはインターネットでも可能な場合があるので、パソコンやスマートフォンなどを使って手続きを行えます。

実店舗、自動契約機などが苦手な人でも利用しやすいのがメリットといえます。審査は銀行系のカードローンよりも甘い傾向にあるのも特徴です。

アルバイト、パートなどでもきちんとした収入があれば審査対象といったところがほとんどです。審査に通るかどうかは返済能力がキーとなります。

カードローン自体の数は非常に多いので、細かいサービスの違いは比較して把握すると良いでしょう。

複数のカードローンを利用することも可能ではありますが、基本的には一箇所から借りたほうが利用はしやすいです。
またトータルで借りられる額は複数のところを利用しても変わらない事が多いです。

カードローンで、初回限定で金利がかからないというサービスが気になっています。
最近月末に残高がぎりぎりになるケースが多く、臨時の出費が続くとカードローンを利用するか迷う時があります。

幸い、まだ利用せずに済んでいますが、冠婚葬祭が続くとピンチになることが多いです。
又、車検や税金の支払いで一時的にお金が足りなくなることが多いので、カードローンの利用を検討しています。

給料が入れば確実に返済できるので、一時的に借りることができるカードローンはとても便利だと思います。
知人や家族に借りると余計な心配や負担をかけてしまいそうなので、借りづらいのが本音です。

最近のカードローンは、安定した収入があれば即日融資を受けられるところもあるみたいですし、他人にばれずに貸してもらえるとろがありがたいです。

インターネットで申し込みができるのも、便利だと思います。
大手金融機関なら借りる時も心配が少ないのも魅力的です。

しかしカードローンを利用するには審査を受けて、通過する必要があります。また審査に通った後は、金利の影響で利息が発生します。まずは審査、金利などに目を向けて利用するカードローンを見つけましょう。

サービス自体はとても便利ではありますが、消費者金融などによって差はあるので、利用者視点での良し悪しというのは必ず生まれるものです。仕事、稼ぎ、働いている年数などによっては審査の甘い金融機関を探す必要がありますし、逆に審査に通る自信がある人は金利の低いところを優先的に探しましょう。

なお申込みをする前に審査診断、審査シミュレーションなどを受けられる場合もあります。審査に通る可能性を事前にチェックできるサービスで、無料で利用することができます。注意点としては審査シミュレーションでの結果はあくまで目安であるということは覚えておきましょう。

金利は低いところであっても、借り方で変動する場合があります。一般的には高額借りると金利は下がります。

ある程度の金額までは審査が不要?

カードローンといえば、利用したいけれど、審査のことが心配だという人も多いでしょう。しかし、実際には、50万円くらいまでならば審査が不要だということが多いのです。
あまり多額でなければ、審査の心配はいらないでしょう。

そして、そのくらいの金額ならば、ネットで申し込みが完結できる場合も多いです。
また、自分が利用している銀行のカードローンを利用する場合には、ATMの操作で申し込みが完結できることもあります。

このような場合には、即日で融資されることもあるのです。急にお金が必要になった時には、カードローンは心強いものとなるでしょう。

さて、カードローンというものは、当然ながら、金利もかかります。これについては、よく確認することが必要です。また、返済の計画も立てておくといいでしょう。

申し込みが簡単だと、その後のことを考えられないこともあります。お金を借りた場合には、必ず返済しなければなりません。
無理のない返済計画を立てた上で、利用するといいと思います。

数百万円の融資も可能です

少額しか借りられないと思っている人も多いでしょう。しかし、実際には、数百万円もの融資が可能なのです。

もちろん、審査は必要ですが、自動車ローン並みの金額の融資も受けられるのです。
どんなことを審査するかというと、

基本的には申込書に記入したことすべてと言っていいでしょう。勤務先、年収、勤続年数や居住年収などを調べます。

さらには、氏名・生年月日・住所・電話番号などからも現在の借り入れ状況を調べることになります。

カードローンは銀行系や消費者金融系などさまざまな種類があります。銀行系のカードローンは年収を重視する傾向があり返済比率等を重視しています。

一方で消費者金融系のカードローンは安定性を重視する傾向にあり勤続年数などを重視するようです。

居住年数も審査の対象になっていますが、頻繁に引越しする人は不利になることがあるようです。
いずれにせよ、カードローンを作るにはやはり働いていて収入があることが重要となります。
審査の中でそれを証明するために在籍確認と呼ばれるものがあります。

申込書に記入した勤務先に実際勤務しているかを調べることです。
在籍確認は通常は電話で行います。

電話ではあくまでも担当者の個人名で電話がかかってきて金融機関名を名乗ることはありません。
したがってカードローンを作ることを会社の人に知られることはありません。

出典:審査に通りやすいカードローン

こういった多額の融資を受けるためには、上記のように、定職についていて、収入があるということが大前提。
ただ、この条件を満たすことは難しくないでしょう。そんなことから、カードローンは、いざという時に役立つこともあるのです。

ちなみにアルバイトや派遣会社の人が融資を受けたい場合はどうしたらいいのか?と考える方もいらっしゃると思います。

まずカードローンから借入することが出来る人の条件に、「安定した一定の収入がある方」という事項は必ず含まれています。
正社員として会社勤めをしていたり、公務員として働いているという方の場合には何の問題もありませんが、勤務形態が派遣社員やパート、アルバイトなどの場合は申し込み出来ないのでは?と心配になることもあるでしょう。

派遣社員というのは、社員という名称はついていますが、正社員ではないため、正社員に比べると消費者金融会社での審査は厳しくなってしまうことが多いようです。

しかし、全く持って受け付けてくれないということではありません。

派遣社員であっても、月々の給与明細書などで一定以上の収入があることがきちんと証明出来るのであれば、受付をしてくれる消費者金融会社も多いのです。

ただし、ここで気をつけてほしいのが、どうしてもお金を借りたいからと考えて派遣社員であるにも関わらず正社員と偽って申し込むのはNGだということです。

今後においても自分自身のマイナスにしかなりませんから、正しい情報を提出しましょう。

そして借りることができたとしても、金利のことも考えないといけません。
大きな金額の融資を受ければ、それに金利がプラスされ、返済金額は多額になります。
それを返済することが可能かどうかを、よく考えた上で利用するといいでしょう。

カードローンによる融資によって、当座を切り抜けることは可能でしょう。
しかし、返済できなくなると、長期間、苦しむことになります。

また、自分だけでなく周りの家族などにも迷惑がかかることにもなります。そういったことも、よく考えた上で利用することをおすすめします。

返済が遅れてしまった!と言う場合はどうなる?

毎月きちんと返済を続けていたけれども、今月はついうっかり返済を忘れてしまった!という日が出て来るかも知れません。

故意に返さなかったわけではないのに、一日でも滞納をしてしまったらもしかしたら強烈な取り立てに合うのでは…という心配も頭をよぎりますよね。

基本的にはカードローンへの返済が一日でも遅れた場合には、何処の業者であっても電話連絡が来ます。しかし、決して脅しのような内容の電話がかかってくるわけではないので安心して電話に出てください。

内容としては、契約時に決めた期限までに返済がなされていないという事実確認について、そしていつ頃までに入金が可能なのかについてがメインになるでしょう。

ですので、ここでハッキリと何日までに入金が可能だということを伝えておくことがその後の信用につながります。

ただし、万が一返済の目処がたっていないという場合には正直にそのことを伝えておきましょう。

そうすれば、担当の方が返済プランの相談にのってくれますから、状況に合ったプランに変更して今後返済していくことが出来るようになるケースも多いのです。

即日融資も可能な消費者金融

お金を借りるのにとても便利なサービスを提供しているのがカードローンです。借りたお金は自由に使えますし、審査スピードも最近のカードローンは早い傾向にあります。

早いところなら審査時間が数10分から1時間程度で済むこともあるほどです。もちろん審査に通るかどうかは人によって異なりますが安定して稼いでいる人なら問題は無いでしょう。

自営業の人でも借りられる場合はありますが、開業してどれぐらいなのか、そこを重視して審査するカードローンもあります。アルバイトなども同様で、勤続年数を気にするカードローンは多いです。

ホームページに審査対象、通る傾向にある人など情報を載せているところも多いので、気になる際には事前にチェックしておきましょう。

注意しておきたいのがカードローンでは年収が融資額を左右する場合があることです。
融資可能額は設定されていますが、それと限度額は違うことがあります。
同じところから借りる場合でも、人によって借りられる額は違う事がほとんどです。